鈴乃屋きもの学院 > 着付けを仕事にしたい > 卒業生の活躍 > 認定教室開講 姜依秋先生インタビュー

仕事に生かせる資格取得

鈴乃屋きもの学院で学んだ多くの卒業生が、着付けの技術や資格を生かし、幅広い分野で活躍しています。

鈴乃屋きもの学院認定教室の開設

上海で日本のきもの文化を広める

鈴乃屋きもの学院認定教室の開設 姜依秋先生

着付けを始めたきっかけ

姜依秋先生日本と言えば富士山、桜、着物。特に小さい頃から着物を着た美しい日本女性に憧れていた私は、日本へ留学することをとても楽しみにしていました。
ところが、富士山は足を運べば見に行ける、桜は咲く時期を待てば見られるのに、着物を着ている人を目にすることは殆どなく、私はとてもがっかりしてしまいました。
しかし、ならば自分が着物を着てみたいと思い立ち、ある年のお正月に鈴乃屋きもの学院の扉を叩いたのが、私と着付けとの出会いでした。
当時の私は、日本ではいつでもどこでも着付けをしてくれると思っていましたが、実際は予約をしていなかったため断られてしまいました。しかし、その場にいた受付の先生と着付師さんの取りはからいで予約のお客様の間のお時間をいただき、たった10分間で手早く着付けして頂くことが出来たのです。もう嬉しくて感動し、その場ですぐに入学手続きをしました。
しかし実際に始めてみると、実技はともかく、たくさんの専門用語を覚えなければならず、受講中も言葉のハンデを感じることもありました。けれども人の何倍も努力することで克服。支えてくださった先生方と同級生の皆さんのお陰だと、今でも本当に感謝しています。

上海での認定教室の開設、広がる活躍の場

私の故郷である上海には、現在5万人以上の日本人が滞在しています。
帰国当初は中国語教師をしていましたが、日本人の生徒さん達から、結婚式やパーティーなど、上海でも着物を着たいという声をたくさん聞くようになりました。私も皆さんのお手伝いができればいいなと思い、上海で着付け教室を開校することを決めました。
現在は教室での着付講座開講をメインに行い、単発コースの受講者も含めて生徒さんは70名ほど。学院からの修了証書発行も既に190名を超えています。
教室以外にも一般の着付けからテレビや映画、雑誌の撮影用の着付けなど、幅広く行っています。
教室や着付けの仕事以外にも、日本大使館・領事館主催の日中友好文化交流イベントも担当したり、中国各地の大学で、日本の着物の美しさ、歴史や種類、TPOや礼儀作法などの講義を開きながら、着物ショーを行うなど幅広く活動しています。
現在は毎月一回着物を着て食事や観劇を楽しむ『着物を愛する会』を開催するなど、日本人を中心に中国人、欧米人にも着物文化を楽しむ機会を提供しています。
2013年上海日中成人式が4月1日に行われました。
当日、振袖、紋付袴レンタル着付け協力しました。120人日中新成人がきもの、浴衣、漢服などを着て参加しました。式の初めに、私は「日本文化の一部でありきものに通じて礼儀作法」のミニ講座をしました。
去年の秋頃日中の関係が色々あって、第二回上海での成人式は難しそうだったけど日中大学生団体の熱意と上海日本領事館、商工クラブなど団体、会社の協力で今年も賑やかに成功しました。
上海教室の生徒様達も鈴乃屋きもの学院のピンク衣で大活躍して頂きました。
これからも日中友好、成人式毎年開催出来るように祈っています。

上海教室

これから着付けを始める方へ

ページの先頭へ